UnityのLineRendererで描いた線に当たり判定(コライダー)をつける

以前LineRendererを使ってお絵かきをする記事を書きました。

今回はその応用編のような内容です。
描いた線に当たり判定のコライダーをつけみたいと思います。
コライダーをつける事によってこの様なゲームに使えるようになります。

【線を引いてゴールまで導くゲーム】

【ブロック崩し&インベーダー風ゲーム】

他にもカジュアルゲーム等に使えそうなテクニックかなと個人的に思ってます。
今回はシンプルに落ちてくる玉を描いた線で受け止めるというものを作ってみたいと思います。

Unityスキルアップ、
始めるなら今

パズル、脱出、RPG...目標のゲームを完成させよう!

人気のUnity講座はこちら

Udemy講座

必要となるオブジェクトを準備する

では早速やっていきましょう。
Unityの新規2Dプロジェクトを作成します。
今回は縦長の画面にしたいのでGameシーンは1920×1080 Portaitのサイズにします。

次に落下するオブジェクトを作成します。
Hierarchy上からで 2D Object > Sprites > Circle を選択し丸を作ります。
Ballという名前にして位置は少し上の方にしました。
続いてBallに必要なコンポーネントを追加していきます。
Circle Collider 2DとRigidbody 2Dです。

実行するとこの様な感じで落下していきます。
Circleが落下

次に線を描くためのスクリプトをアタッチする空のゲームオブジェクトを作成します。
Hierarchy上からCreate Emptyを選択し、名前はStrokeとします。

線を描く処理

線を描く処理の基本設定

つづいてStrokeにアタッチするスクリプトを作っていきます。
StrokeControllerというC#スクリプトを作成し、Strokeにアタッチします。

基本的には以前作成したお絵かきの記事と同じです。

上記の内容をベースに変更箇所を確認しつつプログラムを書いていきます。
必要な変数を宣言します。

続いてStart関数内でlinePointsの初期化、Update関数内で入力処理、そして必要な関数を予め作っておきます。

以上で準備が整いました。

lineObjの生成

続いて左クリックされた時にLineとなるゲームオブジェクトを作成する処理を作ります。
_addLineObject関数の中身を作っていきましょう。
行うことは以下の通りです。

  1. ゲームオブジェクト作成
  2. 名前の変更
  3. 必要なコンポーネントを追加
  4. Stroke自身の子要素に設定

この状態でLineというゲームオブジェクトが正常に生成されるか確認します。
Hierarchy上でゲームオブジェクト生成の確認

HierarchyでStrokeの子要素にLineが生成されているのが確認できました。
LineのInspectorも確認します。
必要なLineRenderer、EdgeCollider2Dが追加されています。
LineRendererとEdgeCollider2Dの確認

現時点ではlineObjの位置はStrokeの位置になっていますので後ほどこちらは修正していきます。

lineRnendererの設定

続いてlineRendererの初期設定を_initRenderer関数内で行います。
行うことは以下の通りです。

  1. lineObjのLineRendererを取得
  2. ポジションカウントをリセット
  3. マテリアルの設定
  4. マテリアルの色を設定
  5. 始点、終点の太さを設定


この様な感じになりました。

LineRnendereとEdgeCollider2Dの更新

ではlineObjの位置を_addPositionDataToLineRenderer関数内で設定していきます。
この関数内では下記のことを行います。

  1. マウス座標の取得
  2. ワールド座標へ変換
  3. lineRendererの更新処理
  4. EdgeCollider2Dの更新処理

このようになりました。
注意点としてEdgeCollider2DのSetPointsはlineRnedererのように個別の座標を追加していくのではなくVector2のリストを引数として渡してあげる必要があるそうです。
なのでlinePointsというVector2型のリストを用意し、線が引かれていくタイミングでその座標を追加しています。
参考までにUnity公式リンクを載せておきます

Inspectorの設定と確認

それでは最後にStrokeのInspectorから諸々設定していきます。
私はこのように設定してみました。
LineMaterialとLineWidthの例
LineMaterialにはSprites-Defaultのマテリアルをアタッチしています。
色は白にし、線の太さは0.13にしました。

では正常に動いてくれるか試してみます。
LineRendererのコライダーチェック

無事引いた線が落ちてくるボールをちゃんと受け止めてくれました。
StrokeControllerの全体の処理も載せておきます。

おすすめUnityオンライン学習

一人でゲーム開発が不安な方はオンラインスクールで学習すると効率が良いと思います。
以下に当てはまる人は検討してみると良いかもしれません。

「ゲーム作りけど何から初めればいい?」
「入門書をの次に何をしたらいいの?」
「疑問や問題を一人で解決出来ない。。」
「ゲームを完成させる自信がない。。」
「気軽に質問できる環境が欲しい。。」

自分で学習することに限界を感じたら
オンライン学習しましょう!

Udemy

Udemy
特徴:教材動画買い切り型
レッスン方法:動画教材/Q&Aで質問
習得スキル:教材動画によって異なる
コース概要: ピンポイントで作りたいゲームジャンルの動画を見つけることができるかもしれません。 また頻繁にセールを開催していますのでゲーム開発講座が1500円~で購入することも可能です。
ゲームジャンル別おすすめ講座はこちら Udemy 詳細

テックアカデミー

テックアカデミー
特徴:現役エンジニア伴走型レッスン
レッスン方法:チャット(週2回)/テキストチャット/課題レビュー
習得スキル:オリジナルゲームアプリの作成
コース概要: 途中で挫折しないためにメンター(相談者)が週2回、マンツーマンであなたの質問・相談に答えてくれるので、ゲーム開発・プログラミング未経験の人でも安心してゲーム開発に取り組めます。転職したい人向けのサポートもあります。無料体験もあります。
テックアカデミー 詳細

テックスタジアム

テックスタジアム
特徴:ゲーム開発の為のオンラインスクール
レッスン方法:動画教材,Slackでの質問(24時間)
習得スキル: Unity,UnrealEngine、CG、企画、サーバー、AI、XR等
コース概要: ゲーム業界で必須な技術の習得が可能です。Slack上で待機している先生への24時間、何度でも質問できます。またIT・ゲーム業界への就職サポートが無料で受けられます。
ゲーム開発に特化したオンラインスクールですので、Unityはもとより、他のゲームエンジンやゲーム業界に興味がある方にはオススメです。
テックスタジアム 詳細

デジハリONLINE

デジハリONLINE
特徴:動画カリキュラム型レッスン
レッスン方法:動画講座/Slack/予約制Zoom相談
習得スキル:Unity基礎,実践/ハイクオリティ3Dゲーム
コース概要: デジタルハリウッド大学・大学院などを通じたデジタルコンテンツ業界とのつながりを活かし、最新かつ実践的なカリキュラムを提供しています。【基礎編】【実践編】とカリキュラムが分かれていて、それぞれに課題があり、ご自身の理解度を把握できます。最終的にはハイクオリティの3Dゲームが作れるようになります。
デジハリONLINE 詳細

関連記事

最後までご覧頂いてありがとうございました。

セール中!
ノンフィールドRPG

基礎からリリースまで!

オリジナルRPGを作ってストアに公開しよう!