プレイヤーの移動範囲をMathf.Clampで制限する

ゲームを作っている時にプレイヤーがゲーム画面の外まで移動してしまい見えなくなったり、この範囲内だけでプレイヤーを動かしたいということってありますよね?
そういう時に便利なUnityのMathf.Clampという処理を使ってプレイヤーが設定した範囲内しか動けないよう制限する方法を実装したいと思います。

ちなみに私はこの方法を下記開発中のシューティングゲームで使っています。

この方法を使えばプレイヤーが自分の設定した範囲を超えて出ていってしまうことはありません。
それでは早速やっていきます。
Unityを起動させ新しい2Dプロジェクトを作成します。
今回画面は960*540とします。

Unityスキルアップ、
始めるなら今

パズル、脱出、RPG...目標のゲームを完成させよう!

人気のUnity講座はこちら

Udemy講座

プレイヤーを作り移動させる

こちらは以前作成した記事の「プレイヤーを用意し動かす」と内容とほぼ同じになります。

移動速度を変えたいのでspeedという変数を加え早く移動出来るようにしてあります。
ソースコードはこんな感じです。

また毎回後ろ向きのプレイヤーではなんですので今回は前を向かせてアニメーションを付けました。

このままですとプレイヤーは画面外に出ていってしまいます。

動かしたい範囲のXとYの最小、最大の値を調べる

ではプレイヤーの移動範囲を画面の中だけにしていきましょう。
GameViewをみながらPlayerのInspectorでTransformコンポーネントのPositionを変えながらXYの最小、最大の値を調べます。

XY座標の確認
今回はXYの最大値が8.5と4.5ですね。
それにマイナスをかけたものが最小値となるはずです。
実際に動かしてみます。

最大値と最小値の確認
これでXが-8.5から8.5、Yが-4.5から4.5の範囲ということがわかりました。

移動しようとした座標を範囲内に収める

ではここからコードを書いてプレイヤーの範囲を先程の範囲に制限してみましょう。

このような感じになります。

xLimit、yLimitという変数に先程調べた値を入れてます。
別にこうしなくてもいいのですが移動範囲を変えたい時にこのようにしておくと修正が楽になります。
speedのようにSerializeFieldにしてInspectorから変更出来るようにしてもいいと思います。

Mathf.Clampについて

Mathf.Clampという関数は第1引数で入ってきた値を、第2引数(min)、第3引数(max)で設定した範囲に制限して返してくれます。
この場合currentPosのXYの値が範囲内かどうかを調べ、下回っていたら最小値を、上回っていたら最大値を返しcurrentPosのXYそれぞれに代入しています。
下が公式の説明です。

最後にtransform.postitionをcurrentPosにすればプレイヤーの移動範囲に制限がかかります。

こんな感じでキーを押し続けていてもプレイヤーは画面外に出ていくことはなくなりました。
私はこの技をシューティングゲームで使っていますが、それ以外のゲームでも利用出来ると思います。

おすすめUnityオンライン学習

一人でゲーム開発が不安な方はオンラインスクールで学習すると効率が良いと思います。
以下に当てはまる人は検討してみると良いかもしれません。

「ゲーム作りけど何から初めればいい?」
「入門書をの次に何をしたらいいの?」
「疑問や問題を一人で解決出来ない。。」
「ゲームを完成させる自信がない。。」
「気軽に質問できる環境が欲しい。。」

自分で学習することに限界を感じたら
オンライン学習しましょう!

Udemy

Udemy
特徴:教材動画買い切り型
レッスン方法:動画教材/Q&Aで質問
習得スキル:教材動画によって異なる
コース概要: ピンポイントで作りたいゲームジャンルの動画を見つけることができるかもしれません。 また頻繁にセールを開催していますのでゲーム開発講座が1500円~で購入することも可能です。
ゲームジャンル別おすすめ講座はこちら Udemy 詳細

テックアカデミー

テックアカデミー
特徴:現役エンジニア伴走型レッスン
レッスン方法:チャット(週2回)/テキストチャット/課題レビュー
習得スキル:オリジナルゲームアプリの作成
コース概要: 途中で挫折しないためにメンター(相談者)が週2回、マンツーマンであなたの質問・相談に答えてくれるので、ゲーム開発・プログラミング未経験の人でも安心してゲーム開発に取り組めます。転職したい人向けのサポートもあります。無料体験もあります。
テックアカデミー 詳細

テックスタジアム

テックスタジアム
特徴:ゲーム開発の為のオンラインスクール
レッスン方法:動画教材,Slackでの質問(24時間)
習得スキル: Unity,UnrealEngine、CG、企画、サーバー、AI、XR等
コース概要: ゲーム業界で必須な技術の習得が可能です。Slack上で待機している先生への24時間、何度でも質問できます。またIT・ゲーム業界への就職サポートが無料で受けられます。
ゲーム開発に特化したオンラインスクールですので、Unityはもとより、他のゲームエンジンやゲーム業界に興味がある方にはオススメです。
テックスタジアム 詳細

デジハリONLINE

デジハリONLINE
特徴:動画カリキュラム型レッスン
レッスン方法:動画講座/Slack/予約制Zoom相談
習得スキル:Unity基礎,実践/ハイクオリティ3Dゲーム
コース概要: デジタルハリウッド大学・大学院などを通じたデジタルコンテンツ業界とのつながりを活かし、最新かつ実践的なカリキュラムを提供しています。【基礎編】【実践編】とカリキュラムが分かれていて、それぞれに課題があり、ご自身の理解度を把握できます。最終的にはハイクオリティの3Dゲームが作れるようになります。
デジハリONLINE 詳細

関連記事

最後までご覧頂いてありがとうございました。

2dパズル

作って覚える 7つの2Dパズル

段階的にUnityゲーム開発をレベルアップ