プレイヤーの移動範囲をMathf.Clampで制限する

ゲームを作っている時にプレイヤーがゲーム画面の外まで移動してしまい見えなくなったり、この範囲内だけでプレイヤーを動かしたいということってありますよね?
そういう時に便利なUnityのMathf.Clampという処理を使ってプレイヤーが設定した範囲内しか動けないよう制限する方法を実装したいと思います。

ちなみに私はこの方法を下記開発中のシューティングゲームで使っています。

この方法を使えばプレイヤーが自分の設定した範囲を超えて出ていってしまうことはありません。

上のような感じになるかなと思います。
それでは早速やっていきます。
Unityを起動させ新しい2Dプロジェクトを作成します。
今回画面は960*540とします。

プレイヤーを作り移動させる

こちらは以前作成した記事の「プレイヤーを用意し動かす」と内容とほぼ同じになります。

移動速度を変えたいのでspeedという変数を加え早く移動出来るようにしてあります。
ソースコードはこんな感じです。

また毎回後ろ向きのプレイヤーではなんですので今回は前を向かせてアニメーションを付けました。

このままですとプレイヤーは画面外に出ていってしまいます。

動かしたい範囲のXとYの最小、最大の値を調べる

ではプレイヤーの移動範囲を画面の中だけにしていきましょう。
GameViewをみながらPlayerのInspectorでTransformコンポーネントのPositionを変えながらXYの最小、最大の値を調べます。

今回はXYの最大値が8.5と4.5ですね。
それにマイナスをかけたものが最小値となるはずです。
実際に動かしてみます。

これでXが-8.5から8.5、Yが-4.5から4.5の範囲ということがわかりました。

移動しようとした座標を範囲内に収める

ではここからコードを書いてプレイヤーの範囲を先程の範囲に制限してみましょう。

このような感じになります。

xLimit、yLimitという変数に先程調べた値を入れてます。
別にこうしなくてもいいのですが移動範囲を変えたい時にこのようにしておくと修正が楽になります。
speedのようにSerializeFieldにしてInspectorから変更出来るようにしてもいいと思います。

Mathf.Clampという関数は第1引数で入ってきた値を、第2引数(min)、第3引数(max)で設定した範囲に制限して返してくれます。
この場合currentPosのXYの値が範囲内かどうかを調べ、下回っていたら最小値を、上回っていたら最大値を返しcurrentPosのXYそれぞれに代入しています。
下が公式の説明です。

最後にtransform.postitionをcurrentPosにすればプレイヤーの移動範囲に制限がかかります。

こんな感じでキーを押し続けていてもプレイヤーは画面外に出ていくことはなくなりました。
私はこの技をシューティングゲームで使っていますが、それ以外のゲームでも利用出来ると思います。

Unityの学習方法

Unityを始めプログラミング全般について皆さんは普段どのようにして勉強してますか?

ネットで検索したり、書籍を読んだり、オンラインスクールなど様々な方法があります。

逆にたくさん方法があり過ぎで、どれをやればいいかわからないという方にオススメの方法をいくつか紹介します。

kindle unlimited

これはAmazonが提供する電子書籍読み放題のサービスです。

月額980円で約200万冊以上が読み放題でとてもお得です。

また30日無料体験もできるのが魅力です。

当然Unityに関する書籍もたくさん揃っています。

またC#関連の書籍や、プログラミングのものも多数あります。

プログラミング関連の書籍は値段が結構しますので、それらが無料で読めるのはかなりお得なサービスです。

30日無料体験もありますので気に入らなければその期間に解約すれば料金は発生しません

オンラインで学習

質問が出来るおすすめのUnity学習方法ページです。

・Unityでゲーム作りたいけど何から初めたら良いかわからない。

・独学でゲームを完成させられるか不安。

・ゲーム開発でわからないことを一人で解消できない。

・入門書を一通りやってみたが次に何していいかわからない。

こんな人におすすめしたい内容になっています。

最後までご覧頂いてありがとうございました。

感想・コメントをどうぞ

購読
通知する
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

関連記事