Unityで簡単なカウントダウンタイマーを作る

今回はUnityで残り何秒みたいなタイマー処理を実装してみたいと思います。
制限時間は色んな場面で使えると思います。是非使ってみて下さい。

ちなみにこの処理を使って作ったゲームはこちらです。

以下が大まかな流れです。

非常に単純ですので是非試してみて下さい。
今回もUnityを起動させ新しい2Dプロジェクトを作成します。
画面サイズは960*540にしています。
では早速作業していきましょう。

タイマーを表示するUIの作成

まずUnityEditorにTextを設置します。
TimerTextとしましょう。

TimerTextをつくったらCanvasの設定とTimerTextの設定をしていきます。
このあたりはこうじゃなきゃいけないというのは無いと思います。

タイマー用ゲームオブジェクトとスクリプト作成

Hierarchy上にタイマー用のゲームオブジェクトを作成しましょう。
今回はTimerObjとしました。

続いてタイマー処理を行うc#スクリプトを作成します。
シンプルにTimerにしました。
それでは初期の設定用にコードを書いていきます。

こんな感じで変数等を用意しました。
こうすることでUnityEditorのInspector上から制限時間の設定やtimerTextオブジェクトをアタッチすることができます。

試しに制限時間を100秒にしてみました。

最後にUpdate関数内でタイマーの処理を書いていきます。
このようなコードになりました。

処理の内容はシンプルで下記のような感じです

  1. Time.deltaTimeで前フレームから現在のフレームまでの経過時間をtime変数に加算していく
  2. 先に設定した制限時間から経過時間を引いて残り時間を計算する
  3. timerTextの文字を残り時間に書き換える

このような流れになります。
ちなみに
remaining.ToString(“D3”)
と書くことで残り時間は三桁の0埋めの文字になります。

それでは起動させてみましょう。

このような感じでカウントダウンが始まりました。
このままですと放っておけば残り時間はマイナスに突入しますが、使う用途によってゲームオーバーにしたり、タイマーを戻したりと応用出来るかと思います。

すごくシンプルなタイマーの実装でした。

Unityの学習方法

Unityを始めプログラミング全般について皆さんは普段どのようにして勉強してますか?

ネットで検索したり、書籍を読んだり、オンラインスクールなど様々な方法があります。

逆にたくさん方法があり過ぎで、どれをやればいいかわからないという方にオススメの方法をいくつか紹介します。

kindle unlimited

これはAmazonが提供する電子書籍読み放題のサービスです。

月額980円で約200万冊以上が読み放題でとてもお得です。

また30日無料体験もできるのが魅力です。

当然Unityに関する書籍もたくさん揃っています。

またC#関連の書籍や、プログラミングのものも多数あります。

プログラミング関連の書籍は値段が結構しますので、それらが無料で読めるのはかなりお得なサービスです。

30日無料体験もありますので気に入らなければその期間に解約すれば料金は発生しません

オンラインで学習

質問が出来るおすすめのUnity学習方法ページです。

・Unityでゲーム作りたいけど何から初めたら良いかわからない。

・独学でゲームを完成させられるか不安。

・ゲーム開発でわからないことを一人で解消できない。

・入門書を一通りやってみたが次に何していいかわからない。

こんな人におすすめしたい内容になっています。

最後までご覧頂いてありがとうございました。

感想・コメントをどうぞ

購読
通知する
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

関連記事